【脇町高校】PHC株式会社

施設概要・沿革

松下寿電子工業株式会社として愛媛県で1969年に設立され、今では日本各地に生産拠点がある企業です。

四国発祥の企業として地域の産業に貢献するという目的で四国内に生産拠点が置かれ、私たちが通う脇町に脇町工場が建てられました。

脇町工場でメインで製造をしているのは血糖値の検査薬で、適合率が非常に高く、海外でも高く評価されている精密な製品を生産しています。

名工のワザ

脇町工場で生産されている製品である血糖値の検査薬は、その品質の高さだけでなく、使う人にとっても使いやすいものづくりをされていて、高齢な方でも使えるようなものを作られています。

工場内は医療関係の商品を製造されていることから、安全にとても注意されているそうで、安全パトロールや安全衛生会議、点検などは頻繁に行っています。

また厳しい安全基準を厳格に守られていて、生産エリアの区分けや従業員への衛生指導を徹底的にされています。

またいろんな人が連携しながら製品を作っていくため、社員教育にも力を入れておられ、入社後に様々な資格取得の支援をされていたり、経営陣と従業員との対話の機会を頻繁に設けているそうです。

こうした安全管理や人材教育で、世界で評価される製品づくりをしています。

代表、担当者の思いや考え

関わる人を大切にすることを心がけている、ということを話されていました。

関わる人というのは、消費者、従業員のことで、商品を使う人だけでなく、それを作る人々にもよりよい環境を提供したいという思いがあり、それで従業員サポートにも力を入れているということでした。

今後地域では高齢化が進み、世界では人口が増加している中で、健康を願う人たちが増えているので、世界中の人々が適切な医療を受けられる世の中に貢献したいと話されていました。

まとめ

PHC株式会社様は愛媛県で創業し、四国発の会社として四国内に生産拠点を置き、今ではグローバルに展開されている企業です。

今回は、生産拠点の一つの脇町工場でのお話を聞かせていただきました。

脇町工場では質の高い血糖検査の製品を製造されており、その品質管理と、生産に関わる従業員へのサポートをとても大事にされています。

また、地域内での清掃活動なども精力的にされています。

感想

今回の取材では社会で実際に仕事をされている方々にお話を聞けるという貴重な経験をさせて頂きました。

まず、仕事に対するプロ意識や従業員や取引相手に対する配慮が凄くしっかりされていて凄いと思いました。

また、衛生面などでの工夫やどんな状況になっても対応できる心構えなどがしっかりされており、信頼性を大事にされていると感じました。

さらに、地域に対する感謝や貢献したいという強い想いが感じられ、改めて地域との繋がりの大切さに気付くことができました。

他にも中で行われていることなど私が知らなかった多くのことを学ばせて頂きました。

中には私達の今後の進路などに繋がるような内容もありとても有意義な時間を過ごすことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です