【池田高校】丸浦工業株式会社

施設概要・沿革

丸浦工業は、

[住宅建築事業][業務用·公共建築事業][土地·建物活用事業][土木·公共事業][環境·エンジニアリング事業][リフォーム事業]

を行っている、125年以上の歴史を誇る住宅建築会社です。

徳島県三好市では今や5軒に1軒が空き家となっておりそれを放置しておくと、崩れた時の危険性、資源のムダ、衛生面も良くない等様々な問題が起こります。

丸浦工業はこの現状を打開しようと努めています。

名工のワザ

様々な事業のお話の中で、特に印象的だったのは古民家の再現でした。

丸浦工業は文化財指定されている「阿佐家」という武家屋敷の保存修理工事に携わっています。

「阿佐家」とは徳島県三好市東祖谷に子孫が生活している平家住宅の一軒で、徳島県指定文化財にも認定されている名高い旧家です。

そんな「阿佐家」を、約20ヶ月,1億2000万円かけて当初の建築された状態に再現することに成功しており、復元された姿は当時の風景を彷彿とさせるほど迫力がありました。

他にも丸浦工業は、地元がより発展するように町の魅力創出に繋がる施設も作っています。

今は池田高校卒業生が企画した、廃校を活かしつつ学生が気軽に使用できるような施設を建設しているそうです。

この施設では、普段はなかなか関わる機会が無い大学生と高校生が一緒に合宿でき、人生の先輩から様々な意見を聞くことができます。

令和3年6月に完成予定なので、皆さんも是非利用してみてください!

代表、担当者の思いや考え

丸浦社長は地方中小企業、特に丸浦工業さんのような建築会社の発展と地域の活性化とは親密な関係があると考えられている方です。

古民家事業や、廃校活用事業などに積極的に取り組まれています。

また、取材に伺った際、

「池高生はこの街の宝だ」
「地域のみんな池高生を応援している」

というお言葉を頂き、驚くとともにとても嬉しく思いました。

私は丸浦社長をはじめ地域の方々が池高生をこのように応援してくださっている事をまったく知りませんでした。

地域の方々がこんなに素敵な思いを持ってくださっていることを知らない高校生もたくさんいると思うのでぜひ知って欲しいです。

まとめ

丸浦工業さんをはじめとする多くの職人さんたちがこのような町づくり事業を行うのは、

「快適な町を作って喜んでほしい」
「勉強を頑張る学生たちを応援したい」

という思いが強くあるからです。

ですが、私たちはこのような事業についてあまり知らないため、新しい施設を利用出来ません。

なので、丸浦工業さんたちがいろいろな人を思い、創り出す施設をより多くの人が利用できるようにもっともっと町づくり事業について知ってほしいです。

感想

普段お話しできない方と、仕事内容や働く環境についてたくさんのことを教えてもらいました。

最初は慣れない作業で準備に時間がかかってしまったり、当日も緊張しましたが、建築が地域にどんな影響を与えるかについてとてもよく理解できました。

私たち高校生についても、地域の宝という表現をしてくれたりと、若い世代への応援のメッセージがとても印象的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。