front

高校生が探る ものづくり企業の魅力

私たちの生活を支える“ものづくり産業”の振興には、
「ものづくりを志す若者の確保」が不可欠。

しかしながら、徳島県内のものづくり企業と若者が
互いに理解を深める機会は、そう多くはないというのが現状です。

そこで、本プロジェクトでは
高校生が主体となって地元産業についてリサーチし、
若者目線で描かれたものづくり産業の魅力を掲載していく
情報発信プラットフォームを制作します。

「地元を知るきっかけづくり」を高校生自らが手掛けることで、
高校生と企業間における相互理解を深めるとともに、
中長期的に「ものづくりを志す若者」が増えていく未来を創造します。

フィールドワーク型学習実践方法

本プロジェクトでは、高校生が主体となって
事業を推進するインターンシップ・プロジェクトの形式を導入します。

これは一般的な詰め込み型の教育ではなく、
プロジェクトベースドラーニング(PBL)学習という形式で、

高校生が目的に向かって自ら課題を分析し、解決について考え、
行動するといった実践的な学びが得られる手法です。

具体的な内容としては徳島県内のものづくり企業、
特に名工と称される技術者を抱える組織に重点を起き、
各企業の取材を通して得た情報を発信するプラットフォームを創造します。

これらの学習コンテンツは教育工学的な視点からデザインされております。

詳細については下記のPDFをご覧ください。

詳しくはこちら

徳島県ものづくり企業・技術一覧

徳島県に在籍する企業情報一覧です。

下記のボタンのリンク先である『ジョブナビとくしま』は、
徳島県が管理・運営する就職支援情報サイトで、
UIJターン希望者と即戦力人材を求める県内企業とのマッチングの支援を行っています。

一覧はこちら

インタビュー

高校生がリサーチした企業の魅力を紹介!彼らが見た景色を等身大でお伝えします。

インタビュー一覧

プログラム内容

アクティブラーニング型の取材プログラムについて、
テーマの決定から取材の質問項目の作成、取材およびその振り返りなど、
一連の流れをワークブックとしてまとめたものをご紹介しています。

詳しくはこちら

県内ものづくり企業相談フォーム